Cross Currents Home
Search:
Resources | About Us | 日本語サイト
Home Learn About Japan Learn About Japan-U.S. Cross Currents Learn About the U.S.

Wide angle photo looking up to the top of a tall building.
Workplaces
  1. The Work Group
  2. Office Arrangements
  3. Office Ladies (OL)
  4. Enterprise Unions in Japan
  5. Enterprise Union Cooperation
  6. Strikes Japanese-Style
  7. Sexual Harassment
  8. Separate Surnames for Married Couples
  9. “Mighty” Women: Police and the Military Self Defense Force
  10. Ama (Female Diver)
  11. Who Farms in Japanese Farm Households?
  12. San-Chan Nōgyō
  13. The Changing Income of Farm Households
Listen in English English | Japanese Japanese View Article in English | Japanese
白黒の古い写真で、4人の女性がマイクに向かって話しています。
報道陣に向かってセクシャルハラスメントについて話す女性たち。
写真:毎日新聞社
セクシュアルハラスメント
職場での女性に対する性差別や性的なジョークなどは、長い間「ささいなこと」と見られてきました。そうした風潮の中で、被害を受けた女性側も「ことを荒立ててはいけない」と、泣き寝入りすることが多いのが現状でした。男性が多数の職場で女性が働くには、女性の方が男性に合わせていかなければならない、大人の女性であれば、男性の性的なからかいをうまくかわすべき、という人も少なくありませんでした。しかし、1990年前半から英語の「セクシュアルハラスメント」が、しばしば「セクハラ」と略されながら、日本語としても定着し、職場での性的ないやがらせに対する問題意識が高まってきました。男女雇用機会均等法の施行により、職場における男女平等意識が高まってきたことも、影響しています。この時期、さまざまな企業でセクシュアルハラスメント訴訟が行われ、多くの判決が女性による賠償請求を支持しました。1999年に施行された改正男女雇用機会均等法では、雇用者に対し、セクシュアルハラスメント防止への配慮が義務づけられました。労働省による1997年のセクシュアルハラスメントに関する調査の結果を見るには、下の「図表」をクリックして下さい。
Special Terms: 男女雇用機会均等法

Download Podcast in English | Japanese
Document | Audio-Video | Chart | Picture | Map