Cross Currents Home
Search:
Resources | About Us | 日本語サイト
Home Learn About Japan Learn About Japan-U.S. Cross Currents Learn About the U.S.
Three cheeseburgers
Agricultural Industry
Agricultural Industry
  1. Who Farms in the United States?
  2. Farm efficiency in the United States
  3. Agricultural Subsidies
  4. Minorities as Farm Operators
  5. Food for Peace Program
  6. Biotechnology and Farming in the United States
  7. Growth of Large Corporate Farming
  8. Farm Aid
  9. Factory Farming
Listen in English | Japanese Japanese View Article in English | Japanese
雌豚と5頭の豚の子どもが小屋の中で寝ています。
手術によって移植された冷凍胎芽から発育した5頭の子豚。
写真提供:米国農務省 撮影:Keith Weller
アメリカにおけるバイオテクノロジーと農業
今日、バイオテクノロジーは、農産物の質の向上や、収穫量増加のために利用されています。科学者は、害虫や栽培に適さない気候に対する作物の抵抗力を高めるために作物の遺伝子構造を組み換えたり、大きくて味がよく、栄養価の高い作物を作るために、別の作物の遺伝子を移植したりします。 バイオテクノロジーは、化学農薬と比較して環境にやさしい微生物農薬を作るために必要なバクテリアの生産にも利用されています。 しかし、科学の行き過ぎを懸念する人々もいます。こうした人々は、種だけではなく、異なった界からの遺伝子を混合することは危険であると警告しています。ある実験では、科学者達が、寒冷気候への小麦の抵抗力を強化するために、ナマズ(動物界)の遺伝子を小麦(植物界)の遺伝子と混合しました。 バイオテクノロジーは、さまざまな面で論議を呼んでいるため、今日、多くのヨーロッパ諸国や日本では、遺伝子組み換え作物の輸入を制限しています。
Download Podcast in English | Japanese
Document | Audio-Video | Chart | Picture | Map