Cross Currents Home
Search:
Resources | About Us | 日本語サイト
Home Learn About Japan Learn About Japan-U.S. Cross Currents Learn About the U.S.

Older photo of men holding signs on strike.
Labor Unions
  1. U.S. Labor Unions in the 1940s
  2. U.S. Unions in the Cold War
  3. Public worker unions in the United States
  4. Decline in Strike Activity in the US
  5. Union Membership Across the United States
  6. Right-to-Work Laws
  7. Types of Unions in the United States
  8. The AFL-CIO
  9. Labor Contracts in the United States
  10. Strikes in the United States
  11. What Happens During a Strike
  12. Long Strikes and Violence
  13. The 1964 Civil Rights Act
  14. Union Campaign Contributions and Political Influence
  15. Unions and Politics
  16. U.S. Unions in the 90s and Today
  17. Important U.S. Labor Leaders: George Meany
  18. Important U.S. Labor Leaders: John L. Lewis
  19. Important U.S. Labor Leaders: Walter Reuther
  20. Important U.S. Labor Leaders: A. Philip Randolph
  21. Important U.S. Labor Leaders: Jimmy Hoffa
  22. Important U.S. Labor Leaders: Caesar Chavez
Listen in English English | Japanese Japanese View Article in English | Japanese
ウォルター・ルーターの写真です。
1907年に生まれ、16歳という若さで見習い工となったウォルター・ルーター。
写真:Spartacus Educational
重要な労働組合指導者たち:ウォルター・ルーター
ウォルター・ルーターは、1946年から亡くなる1970年まで全米自動車労働組合(UAW)の会長を務めました。ルーターの組合における経歴は、彼が自動車産業で組合を組織する運動に積極的に参加した1930年代に始まりました。1937年には彼はUAWの幹部となり、労働運動の重要な指導者のひとりとなりました。第二次世界大戦中に、彼は自動車工場を利用して軍用機を一日500機生産すると申し出て全国的な注目を浴びました。労働組合の長であった間、ルーターは数多くのストライキを率い、結果として不安定・低賃金・パートタイムの仕事であった自動車産業での雇用をフルタイムで高賃金の仕事に変えました。ルーターの指導のもとでUAWの組合員数は150万人まで増加しました。1952年、ルーターは産業別労働組合会議(CIO)として知られる労働者同盟の会長に選ばれました。1955年には、全国最大の労働者同盟であるAFL-CIOを設立するため、ジョージ・ミーニーの率いるアメリカ労働総同盟(AFL)とCIOの合併に尽力しました。ウォルター・ルーターはまた有力な民主党員でもあり、民主党のジョン・F.・ケネディ大統領とリンドン・ジョンソン大統領の顧問をつとめました。1960年代初頭、彼はふたりの大統領と連携してアフリカ系アメリカ人の市民権を獲得し、貧しいアメリカ人の生活向上のための社会福祉関連法案を議会で通過させました。
Special Terms: 産業民主主義

Download Podcast in English | Japanese
Document | Audio-Video | Chart | Picture | Map