Cross Currents Home
サーチ:
資料 | 当サイトについて | English site
ホーム 日本について学ぶ 日米について学ぶ 米国について学ぶ
3つのチーズバーガーが並んでいます。
農業
農業
  1. アメリカにおける農業の担い手
  2. アメリカにおける農業の効率
  3. 農業助成金
  4. マイノリティの農場経営者
  5. 「平和のための食糧」プログラム
  6. アメリカにおけるバイオテクノロジーと農業
  7. 大規模企業農場の発展
  8. ファームエイド
  9. 工場的農業
Listen in 英語 | 日本語 日本語 言語:  英語 | 日本語
二人のアフリカ系アメリカ人男性が緑色のトラクターの前に立っています。
二人のアフリカ系アメリカ人農業従事者とジョン・ディア社製のトラクター。
写真提供:米国農務省
マイノリティの農場経営者
アフリカ系アメリカ人における農業従事者の数は、白人に比べ、3倍もの速さで減少しました。現在、農業従事者全体におけるアフリカ系アメリカ人の割合は、1%にも満たなくなっています。何年もの間、アフリカ系アメリカ人農業従事者は、アメリカ農務省(USDA)の貸付金制度における差別が、アフリカ系アメリカ人農業従事者減少の主な原因であると主張してきました。白人農業従事者が容易に利用できた政府による低金利の農業貸付金をアフリカ系アメリカ人が受け取ることは困難だったため、多くのアフリカ系アメリカ人農業従事者が廃業を余儀なくされたのでした。 1997年、アフリカ系アメリカ人の農業従事者は、政府からの補償を要求してUSDAに対して集団訴訟を起こしました。USDAはアフリカ系アメリカ人農業従事者に対する差別があったことを認め、彼らに賠償金を支払うとともに、貸付金の返済を免除する措置をとりました。 アフリカ系アメリカ人の男性が作物の世話をしている写真を見るには、下の「写真」をクリックして下さい。マイノリティの農業従事者についてさらに見るには、下の「図」と「地図」をクリックして下さい。
ポッドキャスト ダウンロード:  英語 | 日本語
文書 | ビデオクリップ | 図表 | 写真 | 地図