Cross Currents Home
サーチ:
資料 | 当サイトについて | English site
ホーム 日本について学ぶ 日米について学ぶ 米国について学ぶ
教科書に向かって子供が勉強しています。
学生生活
学生生活
  1. 学校給食プログラム
  2. 制服と服装規則
  3. 生徒会
  4. 遠足
  5. 学校の発表会
  6. 修学旅行
  7. 高校スポーツ
  8. アメリカでの通学
Listen in 英語 | 日本語 言語:  英語 | 日本語
赤と黒のユニフォームを身につけ、テニスコートにたつ女子高校生。
テニスは高校生の間で人気があります。
写真提供:イリノイ州スプリングフィールド、スプリングフィールド高校
高校スポーツ
アメリカの高校生の生活の中で、スポーツはとても重要な位置を占めています。これは、チームに所属して活動している運動選手たちのみならず、試合を観戦し、応援する、学校全体にとっても同じです。また、高校のスポーツイベントは、その地域にとっても大きな意味を持っています。特に地方では、高校スポーツのチームにはたくさんのファンがいます。大きな都市でも同様で、大きな大会やその決勝戦の時期には、新聞が高校スポーツの選手たちを大きく取り上げたりします。この、高校スポーツにおける過去50年間の変化の中でも一番大きなものは、参加する女子選手の数が増えたということでしょう。1972年に、国会は性差別を禁止した「公民権法タイトルIX」を通過させました。この、当時画期的であった法律の制定によって、連邦政府から資金を得ている学校では、いかなる教育的な学校活動やプログラムにおいて、学生の参加に関して性による差別が行われることが禁止されました。これは、女子生徒も男子生徒と同じようにスポーツへの参加資格を得られるようになったことを意味します。このタイトルIX法が制定される以前は、女子生徒たちはチアリーダーという形でスポーツの大会に参加するか、陸上ホッケーの試合にしか出ることができませんでしたが、今ではどのスポーツにも女子部門があるほどに変わりました。1971年には、高校スポーツに7.5パーセントしか女性選手が存在しなかったものが、1996年までには、39パーセントもの割合を女子生徒が占めるようになりました。
ポッドキャスト ダウンロード:  英語 | 日本語
文書 | ビデオクリップ | 図表 | 写真 | 地図